教員紹介

食・健康科学講座
小島 明子准教授

Akiko Kojima-Yuasa

先生へメッセージを送る

学 位 博士(学術)
最終学歴 大阪市立大学大学院生活科学研究科後期博士課程修了
専門分野 栄養機能科学、病態栄養学、栄養病理学
研究テーマ

食品成分および栄養素による生活習慣病予防機序の解明とその応用戦略に関する研究

webサイト http://kojima-yuasa-lab.sakura.ne.jp
Message

 食品成分の未知なる力とは−それは、病態改善や疾病予防という私達が健康長寿をめざすために最も重要であり、必要不可欠なもの。
 食品中に含まれる物質は、生体内で分解され、栄養素として生体構成成分の素材を補給するという役割と生命現象を営むうえに必要なエネルギーを供給するという役割を持っています。
しかし、食品中にはこれらの役割以外に私たちの健康の維持に重要な役割を果たす不思議な成分が含まれています。
 「食と健康」は切っても切り離せないものです。一方では、過食による肥満、糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病発症の原因ともなってしまいます。しかしながら、食品成分がもつ本来の機能を活かして私達の健康を維持することができます。
 このような生体機能調節因子の構造やその作用メカニズムを明らかにすることは、私たちの健康を増進 させるために非常に重要なことです。
 では、一体どのようにして? そういう疑問を解明していくことが、私達にかせられた使命です。
 私達の研究室では、「食品成分および栄養素による生活習慣病予防機序の解明とその応用戦略に関する 研究」について以下の研究テーマを掲げ、生化学的および免疫組織化学的手法を用いて探求しています。

1. 抗ガン作用および異物代謝機能を亢進させる食品成分の作用メカニズムに関する研究
2. 炎症性肝疾患の発症機序の解明と予防効果を有する食品成分の作用メカニズムに関する研究
3. 肥満を抑制する食品成分の作用メカニズムに関する研究
4. 皮膚のアンチエイジング効果および創傷治癒促進作用を有する食品成分の作用メカニズムに関する研究 
5. 神経変性疾患(アルツハイマー病、パーキンソン病)の予防効果を有する食品成分の作用メカニズムに関する研究

 私達と一緒に研究しませんか? 研究の道のりは果てしなく、時には困難でくじけそうになるときもあります。しかし、その一方で、新しい発見が得られたり、充実感や達成感を味わうことができるのです。その喜びはまた格別なものなのです…。まずは研究室にいらして下さい。
いつでもお待ちしております。