沿革

生活科学部

本学は昭和24年4月学制改革により大阪市立商科大学・同予科・同高等商業部・市立都島工業専門学校・市立女子専門学校・市立医科 大学(昭和30年度)を合併吸収して開設された公立総合大学で、大阪における学術研究の中心として深く専門の学芸を研究し、かつ、 高い学問的教養を授けると共に人格の向上を図ることを目的としている。

本学部の沿革は次のとおりである

大正10年4月 大阪市西区高等実修女学校として創立。
13年4月 大阪市立高等西華女学校と改称。
14年4月 家政高等科3年課程設置。
昭和16年3月 大阪市立西華高等女学校と改称、家政高等科を専攻科と改称。
22年3月 大阪市立女子専門学校を設置、専攻科廃止。
24年4月 学制改革により大阪市立大学家政学部となり、食物学、被服学、住居学、児童学、社会福祉学の各専攻を置く。
43年4月 家政学科を食物学科・被服学科・住居学科・児童学科及び社会福祉学に分離増設。
50年4月 家政学部を生活科学部と改称。
平成 2年4月 5学科を3学科、食品栄養科学科・生活環境学科・人間福祉学科に再編成。
12年4月 生活環境学科を居住環境学科に名称変更。
生活科学研究科

本研究科の沿革は次のとおりである

昭和28年4月 大学院家政学研究科修士課程を設置、食物・栄養学専攻を置く。
31年4月 修士課程被服学専攻を増設。
34年4月 修士課程社会福祉学専攻を増設。
39年4月 修士課程児童学専攻を増設。
44年4月 修士課程住居学専攻を増設。
50年4月 大学院生活科学研究科博士課程を設置、栄養・保健学、生活環境学、生活福祉学の各専攻を置く。
52年3月 大学院家政学研究科を廃止。
平成 3年4月 専攻名称を変更、食品栄養科学専攻、生活環境学専攻、人間福祉学専攻とする。
12年4月 3専攻を統合・再編し、生活科学専攻とする。
7つの履修コース(食・健康科学コース、居住環境学コース、総合福祉科学コース、臨床心理学コース、長寿社会食生活学コース、居住福祉工学コース、長寿社会福祉科学コース)を置く。
18年4月 公立大学法人大阪市立大学に法人化する。
22年4月 生活科学共同研究センターを創設する。
23年4月 3講座に再編(食・健康科学講座、居住環境学講座、総合福祉・心理臨床科学講座)し、
4履修コース(食・健康科学コース、居住環境学コース、総合福祉科学コース、臨床心理学コース)とする。