お知らせ

2019.02.07

トピックス

大学院後期博士課程 食・健康科学コース(公衆栄養学研究室)の真殿亜季さん、日本総合健診医学会第47回大会で2018年度優秀論文賞を受賞しました。

大学院後期博士課程 食・健康科学コース(公衆栄養学研究室)の真殿亜季さんは、2月1日~2日に横浜市で開催された日本総合健診医学会第47回大会において、2018年度優秀論文賞を受賞しました。論文のタイトルは、「特定保健指導の積極的支援介入前後の生活習慣の変化が減量効果に及ぼす影響」です。 [日本総合健診医学会第47回大会] https://www.issnet.jp/jhep2019/index.html