お知らせ

2019.09.12

トピックス

『ほっとかない郊外 ‐ニュータウンを次世代につなぐ‐』が、第32回地方出版文化功労賞の奨励賞を受賞しました。

 

地方での出版活動の重要性に目を向けた鳥取県の「ブックインとっとり実行委員会」によって、地方の出版社から発行された本の中から『ほっとかない郊外 ‐ニュータウンを次世代につなぐ‐』が選ばれました。【受賞発表サイト】

毎年行われている「ブックインとっとり2019」(11月1日~4日まで開催)で展示される予定です。

 

著者  泉北ほっとかない郊外編集委員会 
   (せんぼくほっとかないこうがいへんしゅういいんかい)
(泉北ニュータウンのまちづくり/健康づくりを担う、建築学、栄養学、リハビリテーションを専門とする大学教員および建築家からなる委員会。メンバーは森一彦、小伊藤亜希子、小池志保子、木村吉成、松本尚子、白須寛規、春木敏、早見直美、高井逸史)