豊かで快適な住宅、地域、
都市空間をデザインする

居住環境学科

学科のポリシー

  1. 工学部建築学科と異なり、高層建築や橋梁などの巨大な建造物よりも「住まい」に焦点をあてて研究を行う
  2. 建築・設計の基礎知識(ハード面)と居住環境における快適さや使いやすさ(ソフト面)の双方から探究
  3. 環境や地域コミュニティを重視した「まちづくり」への考えを深める

学科の紹介

生活者の視点から居住環境を総合的にとらえ
創造・管理する専門的職業人を養成

今日の社会の複雑化、多様化、技術の高度化、自然環境の保護などを背景として、居住環境は環境にも好ましく、適切に形成されることが求められています。 居住環境学科では、このような理念を理解し、学習・教育目標に基づいて必要な知識や能力を定着させるともに、人間生活と社会、文化、環境に関する総合的理解とバランスのとれた判断力を培い、専門分野である居住生活・空間について幅広く深い理解と計画能力を獲得できるような教育研究体制を整えています。

これらを基礎として、住宅、建築、地球環境、また関連分野の技術に関する知識と応用能力をはじめ、快適かつ美しい空間を設計・デザインする創造的能力を獲得することが必要です。

以上の目標を達成するとともに、実務者として活躍できるようになるには、居住空間・環境における課題を自ら発見し、与条件のもとで企画・立案・実行する能力と、共同作業等の際の理論的プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力が不可欠であり、これらの能力を持てるようなカリキュラムが編成されています。

人間生活に関わるモノと空間が
環境という視点から総合的になっていく時代に向けて

生活様式の個性化・多様化に伴って、身近な環境への関心が高まっている今日、快適で豊かな生活空間を創造すること、またそれらを適切に維持管理することは大きな社会的課題です。
本学科では、このような時代の流れをベースに、これからの理想的な住環境づくりをめざし、空間の計画や設計、維持管理に関する知識や技術を総合的に学びます。

教育の特長

文科系、理科系をこえた多彩な講義メニュー

居住環境学科の最大の魅力は、文化・芸術から技術・設計まで幅広いジャンルを網羅した講義メニューにあります。住環境調査や生活調査などのフィールドワーク、デザインのセンスを磨く制作実習、新しい技術を研究・開発する実験、そしてオリジナリティのあるユニークな空間を創造する演習・製図など、幅広い分野の講義を行っています。
豊富なメニューに加え、その密度の濃さも本学科の大きな特徴です。

少人数制による講義・演習・ゼミ指導により、一人ひとりの成長をしっかりと見つめ、さまざまな方向から能力を開発し、自分に最も適した専門分野を選択することができます。

理論や技術だけでなくデザインや創造性も重視しているので、理科系、文科系という従来の学問の枠をこえて、誰にでも可能性が見つけられる開かれた学科です。

資格の取得

最短距離で1級建築士に!

建築系の基礎科目にくわえ、本学科独自の基礎科目の履修によって、工学部建築学科と同様、最短距離で卒業と同時に2級建築士の受験資格が、卒業後実務経験2年で1級建築士の受験資格、インテリアプランナーの登録資格(建築士取得後は直ちに)が得られます。
また、所定の単位を修得すれば、中学校および高等学校の教員免許(家庭科)も取得でき、大学院へ進学してさらに上級の技術者、研究者をめざす道も開かれます。

居住環境学科で取得できる資格

  • 1級建築士(実務経験2年受験資格)
  • インテリアプランナー(登録資格)[所定の試験に合格した者のみ]
  • 2級建築士(受験資格)
  • 中学校・高等学校教諭1種免許状(家庭)

※資格・免許を取得するにはそれぞれ条件があります。