トップページ教員紹介>岩間 伸之

教員紹介

岩間 伸之
岩間 伸之(教授)
NOBUYUKI IWAMA

学位/Degree :
  博士(社会福祉学)
最終学歴/Final academic background :
  同志社大学大学院文学研究科社会福祉学専攻博士課程後期修了
専門分野/Field of specialization :
  社会福祉学/ソーシャルワーク論
資格/Qualification :
  社会福祉士
ホームページ/Home page :
 

  [ 先生へメッセージを送信(contact) ]

お知らせ
【最終更新:2017/2/15】


★最近のおしらせ★


◎(堺市)成年後見制度・市民後見人啓発シンポジウム
「成年後見制度と市民後見人活動の実際」
日 時:3月19日(日)13:30〜
場 所:堺市総合福祉会館
http://www.sakai-syakyo.net/kenriyougo/CMS/data/img/H28sympo-chirashi.pdf


◎平成28年度もNHKラジオの「社会福祉セミナー」(11月分)を担当しました。
ネット上でも聴けます。
 http://www.nhk.or.jp/heart-net/syakai/
 テキストはこちらです。
 https://www.nhk-book.co.jp/detail/text-33006-2016.html?utm_source=nhk&utm_medium=www.nhk.or.jp&utm_campaign=nhkgoodsdb

 《テーマ》社会福祉援助の考え方(全4回/午後7時〜 ※再放送は翌日)
  @11月5日(土) 社会福祉援助(ソーシャルワーク)の全体像
  A11月12日(土) 実践の根拠としての「価値」@
  B11月19日(土) 実践の根拠としての「価値」A
  C11月26日(土) 地域を基盤としたソーシャルワークの展開
----------------------------------------------------


◎10月28日付の読売新聞(大阪版)の朝刊にコメントが載りました。
今回の正倉院展で公開されている内容に関する記事です。興味深いものですのでご覧ください(^^)
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20161028-OYO1T50006.html


◎「月刊介護保険」(法研)の10月号(248号)に「地域における市民後見人の意義と自治体に期待される役割」を執筆しました。
http://www.sociohealth.co.jp/magazines/kaigo.html

◎「消費者情報」(2016年9月号)に「地域における市民後見人の意義と可能性−市民が市民を支える仕組みづくりに向けて−」を執筆しました。
http://www.kanshokyo.jp/jigyou/joho/


◎『月刊福祉』(2016年8月号)に「地域のニーズを地域で支える−総合相談の展開とアウトリーチ−」(pp.22-27)を執筆しました。

----------------------------------------------------
★☆★大学院の社会人(福祉職)向け新カリキュラムがスタートします★☆★
 大阪市立大学大学院前期博士課程「総合福祉科学コース」では、平成29年度から社会人(福祉職)のための新入試・新カリキュラムを導入します。それに向けて、「オープニングセミナー(説明会)」を開催しました(平成28年2月20日(土)/於:大阪市立大学文化交流センターホール)。
 当日、100名を超える参加者がありました(当日の様子:http://www.life.osaka-cu.ac.jp/cgi/wn.cgi?1456107542)。本当にありがとうございました。
---------------------------------------------------

★大阪市社会福祉協議会の機関紙「大阪の社会福祉」のコラム「風をよむ」を執筆しています(年1〜2回担当)
■成年後見制度の利用促進に向けた「地域連携ネットワーク」と「中核機関」(2016年2月号)

■国勢調査にみる人口減少の特徴とこれからの福祉施策(2016年7月号)
http://www.osaka-sishakyo.jp/wp/wp-content/uploads/2016/07/fb3f5fccdbbf68494657a684277c8d07.pdf
■「全世代・全対象型地域包括支援」の意義とこれからの課題(2015年5月号)
http://www.osaka-sishakyo.jp/wp/wp-content/uploads/2015/12/bfbd095bcff0824a4d9edd8c53120b56.pdf
■介護福祉士と保育士の資格の統合をめぐる動向が意味するもの(2015年5月号)
http://www.osaka-sishakyo.jp/support/magazine-img/523.pdf
■再び問われる「社会福祉法人」の社会的使命(2013年11月号)
http://www.osaka-sishakyo.jp/support/magazine-img/479.pdf
■「積極的権利擁護」としての「予防的権利擁護」の推進に向けて(2013年7月号)
http://www.osaka-sishakyo.jp/support/magazine-img/474.pdf
■新たな生活困窮者支援制度と地域における新しい支援のかたち(2013年3月号)
http://www.osaka-sishakyo.jp/support/magazine-pdf/118.pdf
■「生活支援戦略」が問うものとは何か(2011年12月号)
http://www.osaka-sishakyo.jp/support/magazine-pdf/114.pdf
■予防機能を強化した社会福祉へのパラダイム転換(2012年7月号)
http://www.osaka-sishakyo.jp/support/magazine-img/455.pdf
■地域包括ケアの推進とソーシャルワークの役割(2012年3月号) 
http://www.osaka-sishakyo.jp/support/magazine-pdf/106.pdf
■パーソナル・サポート・サービスの可能性(2011年11月号)
http://www.osaka-sishakyo.jp/support/magazine-pdf/102.pdf
■「市民後見人」が意味するもの(2011年7月号)
http://www.osaka-sishakyo.jp/support/magazine-pdf/98.pdf
----------------------------------------------------------

(過去のお知らせ)
◎本学の「市大広報誌 CITY×UNIVERSITY」第19号(2015年10月)の"Researchers"で紹介されました。
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/pr/cityuniv
---------------------------------------------------
◎『都市問題』(第106巻第8号,後藤・安田記念東京都市研究所)に「生活困窮者自立相談支援事業の理念とこれからの課題−地域に新しい相談支援のかたちを創造する−」を執筆しました。
---------------------------------------------------
★『ケアマネジャー(中央法規出版)』2015年7月号に「実践の根拠としての『価値』/A「価値」から実践を導き出す」を執筆しました。中恵美さん(金沢市地域包括支援センターとびうめ)との対談形式になっています。
http://www.chuohoki.co.jp/magazines/caremanager/20150701000000.html
---------------------------------------------------
★『ソーシャルアクション』(CLC)の第3号に「生活困窮者自立支援法施行後の現状・課題・展望」と題し、厚生労働省社会・援護局生活困窮者自立支援室室長の熊木正人さんへのインタュー記事が掲載されています。
http://www.clc-japan.com/books/detail/4074
---------------------------------------------------
★読売新聞(大阪版)に日常生活自立支援事業に関するコメントが掲載されました。
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/pr/media/2015

★『ケアマネジャー(中央法規出版)』2015年6月号に「実践の根拠としての『価値』/@対人援助における「価値」とは何か」を執筆しました。次号に、続編を執筆予定です。
http://www.chuohoki.co.jp/magazines/caremanager/20150601000000.html


◎昨年度関わった、生活困窮者自立支援制度関係の報告書がまとまりました。
(厚生労働省平成25年度セーフティネット支援対策等事業(社会福祉推進事業))

(1)新たな相談支援事業の実施・運営に関する調査・研究事業―自立相談支援機関使用標準様式研究事業―
自立相談支援機関における相談支援プロセスにおけるケアマネジメントのあり方と帳票類の実用化に向けた調査研究
http://www.mizuho-ir.co.jp/case/research/konkyu2014_1.html

(2)新たな相談支援事業の実施・運営に関する調査・研究事業―ケースデータ(アセスメント情報)を用いた対象者像及び支援の判断基準に関する調査研究―
自立相談支援機関モデル事業における支援実績に関する調査分析結果報告書
http://www.mizuho-ir.co.jp/case/research/pdf/konkyu2014_2.pdf

(3)生活困窮者自立支援体制の構築事例と相談支援事例に関する調査報告書
http://www.hit-north.or.jp/houkokusyo/2014seikatsu-jirei.pdf

(4)自立相談支援機関設置・運営の手引きと支援調整会議の機能の実態・あり方に関する調査研究報告書
http://www.hit-north.or.jp/houkokusyo/2014seikatsu-tebiki.pdf

◆◆最近のニュース◆◆

☆☆☆新刊のお知らせ☆☆☆

岩間伸之著『支援困難事例と向き合う −18事例から学ぶ援助の視点と方法−』(中央法規出版)が刊行されました。
http://www.chuohoki.co.jp/products/welfare/5048/

(目次)
第T部 支援困難事例と向き合う
1 サービス拒否
2 終末期
3 不穏
4 近隣トラブル
5 クレーマー
6 軽度認知障害
7 ゴミ屋敷
8 共依存
9 希死念慮
10 経済的虐待
11 アルコール依存
12 親族間対立
13 消費者被害
14 ひきこもり
15 身体拘束
16 被害妄想
17 ネグレクト
18 本人不在
第U部 支援困難事例を深める
第V部 実践の根拠としての「価値」を極める
----------------------------------------------------------------
『月刊福祉』(1月号)に「地方自治体における生活困窮者支援制度がもつ意味と可能性−住民の生活を基点とした行政施策の転換に向けて−」を執筆しました。
----------------------------------------------------------------
『ソーシャルワーク研究』(40-2,相川書房,2014)に「生活困窮者支援制度とソーシャルアクションの接点−地域を基盤としたソーシャルアクションのプロセス−」を執筆しました。
----------------------------------------------------------------
『貧困研究』(明石書店,第12号,2014年)に「生活困窮者支援制度における「総合相談」の意義と展開−地域における新しい『支え合い』の創造に向けて−」を執筆しました。
http://www.akashi.co.jp/book/b182235.html
----------------------------------------------------------------
『月刊福祉』の8月号に、山崎美貴子先生、上野谷加代子先生とのてい談が掲載されました(35〜45頁)。テーマは、「ソーシャルケアの本質とは」です。
http://www.fukushinohon.gr.jp/esp.cgi?_file=book2643&_page=_index&_page2=contents&_page3=detailbook&_sys_id=2643&_class=120101&_category=03359
----------------------------------------------------------------
★出版のおしらせ
上野谷加代子・竹村安子・岩間伸之 編著『小地域福祉活動の新時代−大阪市・今川地域からの発信』特定非営利活動法人全国コミュニティライフサポートセンター(CLC),2014年6月
http://www.clc-japan.com/books/detail/4054

第T部 今川の「これまで」と「今」
 第1章 今川の福祉活動の足跡と課題 
 第2章 今川の活動を牽引してきたリーダーたち 
 第3章 今川の魅力と憂い
第U部 今川の福祉活動の「これから」を展望する
 第1章 今川における「つながり」の現状 ―調査結果と調査報告会からの考察―
第2章 介護保険が今川の小地域福祉活動に与えた影響
第3章 今川の「今」を直視し、「これから」を展望する
第V部〈講座〉小地域福祉活動の新時代を展望する
・小地域福祉活動の新時代に求められる視座
 ・小地域福祉活動における新しい動向への対応
 ・小地域福祉活動における参画と協働をめぐる展望
-------------------------------------------------------------------
●2013年度の生活困窮者支援に関する報告書がまとまりました(3本)

『生活困窮者自立相談支援機関の設置・運営の手引き』(厚生労働省平成25年度セーフティネット支援対策等事業費補助金社会福祉推進事業)一般社団法人北海道総合研究調査会
http://www.hit-north.or.jp/houkokusyo/2013seikatsushientebiki/00all.pdf

『自立相談支援機関使用標準様式研究事業―自立相談支援機関における相談支援プロセスにおけるケアマネジメントのあり方と帳票類の実用化に向けた調査研究報告書』(厚生労働省平成25年度セーフティネット支援対策等事業補助金社会福祉推進事業)みずほ総研株式会社
http://www.mizuho-ir.co.jp/case/research/pdf/konkyu2014_1.pdf

『ケースデータ(アセスメント情報)を用いた対象者像及び支援の判断基準に関する調査研究―
自立相談支援機関モデル事業における支援実績に関する調査分析結果報告書』(厚生労働省平成25年度セーフティネット支援対策等事業補助金社会福祉推進事業)みずほ総研株式会社
http://www.mizuho-ir.co.jp/case/research/pdf/konkyu2014_2.pdf
-------------------------------------------------------------------------
◎神奈川県社協の機関誌「福祉タイムズ」(2014年3月号)に寄稿しました。
「社会的孤立」とは何か(第6回・最終回)
新たな生活困窮者支援制度と「社会的孤立」− 地域における「総合相談」の展開に向けて
http://www.knsyk.jp/pdf/times/22172006692abb4d9efe4e0d2307bfe5.pdf
---------------------------------------------------------------------------
◎『週刊社会保障(2014.1.20)』No.2760の「〈焦点レポート〉第2のセーフティネットとして自立相談支援事業等を実施−生活困窮者自立支援制度の内容と課題をみる−」において談話が掲載されました。
------------------------------------------------------------------------
★大阪市立大学教育後援会平成25年度優秀テキスト賞を受賞しました。
 受賞図書:岩間伸之・原田正樹『地域福祉援助をつかむ』有斐閣(2012年)
http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641177147
------------------------------------------------------------------------
◎『月刊福祉』(11月号)の特集は「生活困窮者の自立支援」です。本号に、論文「新たな生活困窮者支援制度の理念と『総合相談』の推進−社会福祉協議会に求められる役割−」を執筆しました。
------------------------------------------------------------------------
◎『婦人の友』(2013年9月号)に「『保証人』から『保証機能』の充実へ」というテーマで、インタビュー記事が掲載されました。
------------------------------------------------------------------------
◎雑誌『ソーシャルアクション』(CLC)が創刊されました。
今号は、生活困窮者支援特集です。黒木室長へのインタビュー記事が掲載されています。
http://www.clc-japan.com/book/book.cgi?mode=info&bid=543
----------------------------------------------------------
★出版のお知らせ
岩間伸之・原田正樹『地域福祉援助をつかむ』有斐閣,2012年。
http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641177147
==========================================================
【News】2015.05.22
岩間伸之「実践の根拠としての『価値』/@対人援助における「価値」とは何か」『ケアマネジャー(6月号)』中央法規出版,2015年,pp.68-74.

【News】2014.12.16
『月刊福祉』(98-1,全社協,2015年)に「地方自治体における生活困窮者支援制度がもつ意味と可能性−住民の生活を基点とした行政施策の転換に向けて−」を執筆しました。

【News】2014.10.9
『ソーシャルワーク研究』(40-2,相川書房,2014)に「生活困窮者支援制度とソーシャルアクションの接点−地域を基盤としたソーシャルアクションのプロセス−」を執筆しました。

【News】2014.8.9
『貧困研究』(明石書店,第12号,2014年)に「生活困窮者支援制度における「総合相談」の意義と展開−地域における新しい『支え合い』の創造に向けて−」を執筆しました。
http://www.akashi.co.jp/book/b182235.html

【News】2014.6.9
上野谷加代子・竹村安子・岩間伸之 編著『小地域福祉活動の新時代−大阪市・今川地域からの発信』特定非営利活動法人全国コミュニティライフサポートセンター(CLC),2014年6月

【News】2014.6.9
岩間伸之「〈報告〉新たな生活困窮者支援制度の理念と方法−地域を基盤とした『総合相談』の展開−」『日本の地域福祉』第27号,日本地域福祉学会,pp.23-26.

------------------------------------------------------------------------------------
在庫切れになっていました『ジェネラリスト・ソーシャルワーク』(山辺朗子・岩間伸之共訳、ジョンソン/ヤンカ著、ミネルヴァ書房、2004年)ですが、第4刷ができました。[2012/06]
------------------------------------------------------------------------------------
『援助を深める事例研究の方法−対人援助のためのケースカンファレンス−(第2版)』(ミネルヴァ書房,2005年)の内容を、講義とカンファレンスシーンをおりまぜてコンパクトにまとめたDVDが頒布されています。→岩間伸之監修/横浜市福祉局企画・制作・著作『対人援助のための合同ケースカンファレンスの方法(DVD)』(2005年7月発行)。 
※横浜市社会福祉協議会で頒布が再開されました。
詳細はこちら→ http://www.yokohamashakyo.jp/hanbai/index.html#10
------------------------------------------------------------------------------------
日本認知症ケア学会の講義動画配信サイト「認知症ケアplus」に、講義「認知症高齢者の権利擁護のためのアセスメントを考える」がアップされました(視聴は有料)。
http://ninchisyoucareplus.com/plus/flame.htm
------------------------------------------------------------------------------------
当ホームページの[生活科学最前線! 研究だより(Vol.3)]に「成年後見制度とソーシャルワーク」を掲載しています。生活科学研究科・生活科学部ホームページのトップページからお入りください。(2006.4.1)

Message
 ●ソーシャルワークの固有性に関心をもって研究に取り組んできました。近年は、現代ソーシャルワーク理論の体系としての「ジェネラリスト・ソーシャルワーク」を基礎理論とした、「地域を基盤としたソーシャルワーク」の理論化に取り組んでいます。
 ●理論と実践を結ぶための方法としての事例研究やソーシャルワークの視点からの権利擁護のあり方にも関心をもっています。

Information
■研究テーマ/Research theme
●地域を基盤としたソーシャルワークの体系
●ソーシャルワークと生活困窮者支援
●ソーシャルワークと権利擁護
■担当科目/Subjects in charge
●大学院
 社会福祉原理特論T・U、前期特別研究、後期特別研究
●学 部
 社会福祉原理論、ソーシャルワーク原論T・U、ソーシャルワーク演習T・U・V・W・X、ソーシャルワーク実習、ソーシャルワーク実習指導T・U・V
■最近の主な著書/Recent Books
【単著】
 岩間伸之『支援困難事例と向き合う−18事例から学ぶ援助の視点と方法−』中央法規出版,2014年。
 岩間伸之『対人援助のための相談面接技術−逐語で学ぶ21の技法−』中央法規出版,2008年。
 岩間伸之『支援困難事例へのアプローチ』メディカルレビュー社,2008年。
 岩間伸之『援助を深める事例研究の方法−対人援助のためのケースカンファレンス−(第2版)』ミネルヴァ書房,2005年。
 岩間伸之『ソーシャルワークにおける媒介実践論研究』中央法規出版,2000年。
 岩間伸之『ワークブック社会福祉援助技術演習C グループワーク』ミネルヴァ書房,2004年。

【共著】
 岩間伸之・原田正樹『地域福祉援助をつかむ』有斐閣,2012年。
 黒木保博・横山穰・水野良也・岩間伸之『グループワークの専門技術』中央法規出版,2001年。

【共編著】
 大阪市成年後見支援センター監修/岩間伸之・井上計雄・梶田美穂・田村満子編『市民後見人の理念と実際−市民と専門職と行政のコラボレーション−』中央法規出版,2012年。
 上野谷加代子・竹村安子・岩間伸之 編著『小地域福祉活動の新時代−大阪市・今川地域からの発信』特定非営利活動法人全国コミュニティライフサポートセンター(CLC),2014年。

【共訳】
 門永朋子・岩間伸之・山縣文治訳『子どものリスクとレジリエンス−子どもの力を活かす援助−(M.W.フレイザー編著)』ミネルヴァ書房、2009年。
 山辺朗子・岩間伸之共訳『ジェネラリスト・ソーシャルワーク(ジョンソン/ヤンカ著)』ミネルヴァ書房,2004年。
■最近の主な論文/Recent publications
●論文/総説 等
 岩間伸之「生活困窮者自立相談支援事業の理念とこれからの課題−地域に新しい相談支援のかたちを創造する−」『都市問題』第106巻第8号,後藤・安田記念東京都市研究所,2015年,pp.60-68.
 岩間伸之「地方自治体における生活困窮者支援制度がもつ意味と可能性−住民の生活を基点とした行政施策の転換に向けて−」『月刊福祉』98-1,全社協,2015,pp.30-33.
 岩間伸之「生活困窮者支援制度とソーシャルアクションの接点−地域を基盤としたソーシャルアクションのプロセス−」『ソーシャルワーク研究』40-2,相川書房,2014,pp.5-15.
 岩間伸之「生活困窮者支援制度における「総合相談」の意義と展開−地域における新しい『支え合い』の創造に向けて−」『貧困研究』明石書店,第12号,2014,pp.27-37.
 岩間伸之「〈報告〉新たな生活困窮者支援制度の理念と方法−地域を基盤とした『総合相談』の展開−」『日本の地域福祉』第27号,日本地域福祉学会,pp.23-26.
 岩間伸之「ソーシャルワーク実践における『価値』をめぐる総体的考察−固有性の根源を再考する−」『ソーシャルワーク研究』40-1,相川書房,2014,pp.15-24.
 岩間伸之「権利擁護の推進と地域包括ケア−地域を基盤としたソーシャルワークとしての展開−」『地域福祉研究』公2(通算42),日本生命済生会,2014年,pp.13-21.
 岩間伸之「新たな生活困窮者支援制度の理念と『総合相談』の推進−社会福祉協議会に求められる役割−」『月刊福祉』96-11,全社協,2013年,p.22-27.
 岩間伸之「社会福祉権利擁護論−「積極的権利擁護」と「参画型社会福祉」の視角から−」山縣文治・大塚保信・松原一郎編著『社会福祉における生活主体論(右田紀久惠・白澤政和監修『岡村理論の継承と展開〈第3巻〉』)』ミネルヴァ書房,2012(9-30),pp.137-154.
 岩間伸之「市民後見人の位置づけと活動特性」『実践 成年後見』第42号,民事法研究会,2012年,pp.4-11.
 岩間伸之「『市民後見人』とは何か−権利擁護と地域福祉の新たな担い手」『社会福祉研究』第113号,鉄道弘済会,2012年,pp.9-16.
 岩間伸之「認知症ケアにおける成年後見制度の意義と可能性−本人を主体とした積極的な活用に向けて−」『日本認知症ケア学会誌』第10巻第4号,2012年,pp.415-420.
 岩間伸之「成年後見制度の理解と成年後見人等との連携」『生活と福祉』No.670(2012年1月号)全国社会福祉協議会,2012年,pp.24-25.
 岩間伸之「わが国におけるジェネラリスト・ソーシャルワークの到達点−地域を基盤としたソーシャルワークの展開を基軸として−」『ソーシャルワーカー』第11号,日本ソーシャルワーカー協会,2011,pp.1-14.
 岩間伸之「地域包括支援センターの動向と地域包括ケア−地域を基盤としたソーシャルワークの展開に向けて−」『社会福祉研究』第111号,鉄道弘済会,2011,pp.11-18.
 岩間伸之「地域を基盤としたソーシャルワークの特質と機能−個と地域の一体的支援の展開に向けて−」『ソーシャルワーク研究』37-1,相川書房,pp.4-19.
 岩間伸之「成年後見制度と社会福祉−その接点から新たな可能性を探る−」『大原社会福祉研究所雑誌』第627号,2011,pp.19-29.
岩間伸之「総合相談〈ソーシャルワークの理論と実践(2)〉」『総合リハビリテーション』医学書院,38巻第10号,2010,pp.951-956.
岩間伸之「市民後見人に理念とこれからの課題−成熟した市民社会への道程−」『月刊福祉』全国社会福祉協議会,第93巻第10号,2010,pp.36-39.
岩間伸之「初回面接の意義と活用の視点」『ケアマネジャー』第12巻第7号,中央法規出版,2010,pp.14-17.
 岩間伸之「ソーシャルワーク研究における結果の解釈とその方法(第11章)」ソーシャルワーク研究所監修、北川清一・佐藤豊道編『ソーシャルワークの研究方法−実践の科学化と理論化を目指して−』相川書房,2010,pp.187-199.
 岩間伸之「スーパービジョンの方法と展開」(T総論編−10)地域包括支援・総合相談研究会編著『地域包括支援・総合相談事例集』第一法規,2009,pp.771-780.
 岩間伸之「権利擁護の担い手としての『市民後見人』の可能性−行政と市民との新しいコラボレーション−」『月刊福祉』2月号,全社協,2009,pp.46-49.
 岩間伸之「地域を基盤としたソーシャルワークの機能−地域包括支援センターにおけるローカルガバナンスへの視角−」『地域福祉研究』第36号,日本生命済生会,2008,pp.37-49.
 岩間伸之「高齢者の尊厳と権利擁護−『積極的権利擁護』の推進に向けて−」『実践成年後見』第20号,民事法研究会,2007,pp.4-11.
 岩間伸之「相談面接技術」(第5編第1章)介護支援専門員実務研修テキスト作成委員会編『改訂 介護支援専門員実務研修テキスト』長寿社会開発センター,2006,pp.487-502.
 岩間伸之「家族支援をどう考えるか」『ケアマネジャー』中央法規出版,第8巻第12号,2006,pp.14-17.
 岩間伸之「対人援助の『質』を考える−ソーシャルワーク研究の観点から−」『ケアマネジャー』第8巻第6号,中央法規出版,2006,pp.22-25.
 岩間伸之「〈講座〉ジェネラリスト・ソーシャルワーク[No.1][No.2][No.3][No.4]」『ソーシャルワーク研究』第31巻第1号〜,相川書房,2005-2006.
 岩間伸之「『人を援助すること』の意味」『ケアマネジャー』第7巻第1号(2005年1月号),中央法規出版,2004,pp.11-13.(単著)
 岩間伸之「ソーシャルワークの機能を問い直す−改革期にみるソーシャルワークの本質−」『ソーシャルワーク研究』第30巻第3号,相川書房,2004年,pp.10-16.(単著)
 岩間伸之「介護保険制度下における福祉ネットワーク活動の可能性−今川ボランティア部の活動から学ぶ質的融合−」上野谷加代子・竹村安子編著『おおさか発地域福祉実践論 今川ボランティア部』万葉舎,2004年,pp.220-235.(単著)
 岩間伸之「ソーシャルワーク研究における事例研究法−『価値』と『実践』を結ぶ方法−」『ソーシャルワーク研究』第29巻第4号,相川書房,2004年,pp.36-41.(単著)
 岩間伸之「ソーシャルワークにおける『アドボカシー』の再検討」山縣文治編『《別冊発達25》社会福祉法の成立と21世紀の社会福祉』第25号,2001年,pp.34-41.(単著)
 岩間伸之「ソーシャルワークにおけるアセスメント技法としての面接」『ソーシャルワーク研究』第26巻第4号,相川書房,2001年,pp.11-16.(単著)
■学会活動/Membership in Academic Societies
日本社会福祉学会
日本ソーシャルワーク学会(2012年4月〜 副会長)
日本地域福祉学会
日本子ども家庭福祉学会
日本公衆衛生学会
日本認知症ケア学会(評議員)
日本福祉教育・ボランティア学習学会
日本成年後見法学会
日本居住福祉学会
■社会貢献/Social contributions
第23期日本学術会議連会員(任期:平成26年10月〜平成32年9月)
『ソーシャルワーク研究』編集委員(相川書房)
特定非営利活動法人「西成後見の会」代表理事
大阪市成年後見支援センター運営委員会委員長(大阪市社会福祉協議会)
大阪市社会福祉審議会委員(大阪市)
大阪府社会福祉審議会委員(大阪府)
大阪市地域福祉活動推進委員会委員(大阪市社会福祉協議会)
大阪府ボランティア・市民活動センター運営委員会委員(大阪府社会福祉協議会)
堺市権利擁護サポートセンター運営委員会委員長(堺市社会福祉協議会)
■受賞/Awards
日本社会福祉実践理論学会学術奨励賞(2003年)
大阪市立大学教育後援会優秀テキスト賞(2013年)
写真をクリックすると
拡大します

■西成後見の会 ロゴマーク

■個別支援と地域支援の融合を目指して

■相談面接技術!!

back number